ガーデニングに適した春の植物を知ろう【人気の植物を育てよう】

春の時期に人気のクレマチス~植物の育て方に必要な基礎知識~

ガーデニングが人気となっているワケ

ガーデニングが人気の理由は、自分の生活の中に、手軽に潤いを取り入れられることです。草木が見せる鮮やかな緑色や、色とりどりの花は、人々の心を癒してくれることでしょう。また花選びや花壇や鉢のデザインには、人それぞれのセンスが現れます。自己表現の場所としてもピッタリです。

ガーデニングで人気となっている春の植物ランキング

no.1

第1位「クレマチス」

春から初夏にかけて、お庭を華やかなにしてくれるのが「クレマチス」です。大きさや色、そして花の形のバリエーションも豊富で、ガーデニングを楽しむ人の個性を演出しやすい植物としても知られています。自分らしい咲かせ方で、周囲に差をつけることができます。

no.2

第2位「ラベンダー」

クレマチスに次いで人気が高いのが、美しい紫色と香りで人を楽しませてくれるラベンダーです。中でも人気が高いのは、イングリッシュラベンダーです。ラバンディン系であれば、比較的暑さにも強く、日本国内の幅広いエリアで成長を楽しむことができます。

no.3

第3位「チューリップ」

第3位にランクインしたのは、「春の花の代名詞」とも言えるチューリップです。非常に華やかな花で、たとえ一本でも抜群の存在感を放ってくれます。子どもへの知名度も抜群で、家族みんなでその成長を見守ることができるでしょう。

ガーデニングに適した春の植物を知ろう【人気の植物を育てよう】

花

クレマチスを上手に育てるコツ

種類が豊富なクレマチスは、植える種類に工夫をすることで、一年中楽しむことができます。お庭を華やかに保ってくれることでしょう。クレマチスは種類に関わらず、たっぷりとした日差しを好みます。日当たりが良く、風通しが良い場所を確保して植え付けをしましょう。半日陰でも明るささえ確保できれば、育てることは可能です。ただしこの場合、花の数が少なくなってしまう可能性があります。

クレマチスがかかる病気や害虫の種類

クレマチスがかかる病気には、立枯病や白絹病などがあります。このほかにも、うどんこ病や葉枯病、そしてさび病などにかかるケースもあるので注意する必要があります。こまめに状況をチェックしましょう。またアオムシやナメクジ、アブラムシなどの害虫による被害も無視できません。どちらにしても、異常を発見したときにすぐに対応することが大切です。

おすすめの病気対策法

クレマチスを育てる上で避けられなのが、病気のリスクです。リスクを最小限にするためには、いくつかのコツがあります。まずは植え付けのときに使用する腐葉土を厳選するということです。未熟な土を使うと、その分病気になりやすくなります。また水はけや風通しの悪さも、病気のリスクを高めることにつながります。植え付けする場所は慎重に選択するようにしましょう。

クレマチスを育てる手順

植える場所を慎重に選択する

クレマチスを植えるときには、まずは「場所」の選定をしっかりと行いましょう。日当たりの良さと共に、通気性の良い場所であること、水はけのよい環境であることが求められます。できれば真夏の時期には、半日陰になる場所だとなおよいです。クレマチスを健康に育てられる可能性がアップします。

土を掘り、肥料を入れる

植える場所を見つけたら、次は穴を掘りましょう。直径50センチ、深さ50センチ程度が目安です。掘り起こした土は脇にまとめておきましょう。掘り起こした土には、あらかじめ用意しておいた有機物や緩効性肥料などを加えて混ぜます。肥料の使い方は、注意書きをよく読んでチェックしてください。

クレマチスを入れる

土の準備が整ったら、次はいよいよクレマチスを植えていきます。まずはクレマチスの苗を、鉢から優しく出してください。このときの注意点は、クレマチスの根についた土を落とさないことです。鉢やポットから出したままの状態で穴の中に入れます。土を取り除いてしまうと、根が傷ついてしまうので気を付けてください。

土を戻して水をあげる

最後に優しく土を戻します。土をかぶせ終わったら、たっぷりと水をあげましょう。一度水がひいたら、株元にさらに土を3センチ程度盛っていきます。種類が多いクレマチスは、きちんとラベルをつけておかないと、何を植えたのかわからなくなってしまいます。わかりやすくラベルを設置するということも、忘れないでください。

広告募集中